多汗症は阻止できる|コンプレックスも阻止しよう

保険が適用される脇の下

笑顔の女の人

多汗症と汗かきの違いは運動をしないのに、また暑くもないのに多量の汗をかくことです。全身性と局所的の2種類の症状があります。緊張や不安などのストレスが原因といわれますが、病気が原因で起こるのは全身性多汗症です。人気のある治療法は美容整形で行われるボトックス注射です。脇の下の治療は保険が適用されます。

もっと知ろう

手汗の悩みを解決する

ワキを触る人

手のひらに大量の汗をかいてしまう症状で悩んでいる人がたまにいますが、そのような症状のことを多汗症と言います。病気というよりも体質の一種のようなものなのですが、病院に行って多汗症治療を受ければ手汗を抑えられるようになります。

もっと知ろう

医療の力で改善

看護師と医者

人に理解されにくく、仕事などで支障をきたすこともある多汗症は、整形外科やクリニックの力を借りて治療していかねばなりません。無料カウンセリングを利用して色々回り、医師やスタッフの方とも話し合いながら信頼のおけるところを見つけてトラブルを回避するようにしましょう。

もっと知ろう

汗で悩んだ時の施術

腕を上げる女性

汗腺にはほぼ無臭のエクリン腺と脂質等を含むアポクリン腺があります。多汗症はエクリン腺から必要以上の汗が出ます。アポクリン腺によってわきがは発生しますが、エクリン腺からの汗も原因になることがあります。多汗症やわきがの治療は切らない施術が人気で、注射やマシンを使った施術があります。

もっと知ろう

汗がとまらないと思ったら

笑う女性

多汗症は異常なほど汗をかく病気で、原因は様々です。病気によるものや、体質によるもの、生活習慣によるものなどがあり、日常生活への支障も大きいのできちんと治療するのがおすすめです。そして、治療方法も様々なため、原因にそった方法を選ぶのが重要と言えます。

もっと知ろう

気になる汗の対処法

カウンセリング

汗の原因を知ろう

暑い時や運動をした時、人前で話すなど緊張した時に大量の汗をかきます。これは自然なことなのですが、特に気温が高い訳でも緊張している訳でもないのに大量に汗をかくことがあります。これは多汗症という病気です。ただ多汗症は普通のストレスの汗と区別をするのが難しく、多汗症の人も自分が病気だと認知していないケースが多く見られます。自分は多汗症かなと思ったら病院へ相談してみるといいでしょう。多汗症の原因はまだ詳しく解明されていませんが、ストレス以外の原因もいくつか考えられています。まずストレスや緊張からくる精神的要因は、仕事や対人関係などのストレスで交感神経の活動が活発になり、汗腺が刺激されて大量の汗がでると言われています。次にホルモンバランスの崩れです。ホルモンと交感神経は脳が同時にコントロールしているため密接な関係にあります。ホルモンが崩れると交感神経も乱れ発汗につながるのです。特に女性は生理や妊娠、更年期にホルモンバランスを崩しやすく、この時期に多汗症になりやすいのです。また食事や睡眠、運動などの生活習慣も大きな原因と考えられています。肥満やコーヒーなどのカフェインやタバコのニコチンを多量に摂取したり、生活が不規則だとなりやすいので規則正しい生活を心がけましょう。その他に別の病気が関係していたり、神経質や緊張しやすい性格が遺伝してなるとも言われています。

汗を抑える方法

多汗症には全身に大量の汗をかく全身性と特定の部分に汗をかく局部性が2種類があります。多くは局部性で、手のひら、足の裏、ワキの下が大量に発汗します。また症例は少ないですが頭に汗をかく頭部多汗症もあります。様々な治療法がありますが、以前は胸部の交感神経節の一部を切除したり、ワキの汗腺を超音波で破壊するなどの手術が一般的に行われていました。しかし、今はボツリヌス注射を汗のかきやすい部位に注射をする治療が増えています。効果は半年ほどですが時間も短く体に負担もかかりません。ワキの下なら保険も適用され、副作用もなく安全な治療法です。手のひらや足の裏の効果的な治療にイオントフォレーシス療法があります。これは患部を水に浸して電流を流し、皮膚の表面の汗腺を収縮させる療法です。ボツリヌス注射に比べ通院の回数が増えますが、低価格で治療できます。その他に時間はかかりますが、意識的にリラックスした状態を作り出せるよう訓練して改善させる心身療法や市販されている制汗剤などを活用して汗を抑える方法です。最近は汗を吸い取りやすい、乾きやすい汗取り機能のある衣料品も多く販売されています。あまり汗をかくのは恥ずかしいと思わず、美容皮膚科で治療しながら汗取りグッズを活用して快適に過ごしましょう。