多汗症は阻止できる|コンプレックスも阻止しよう

保険が適用される脇の下

笑顔の女の人

精神的なストレスが原因

多汗症は汗かきと同じという誤解があります。どちらも多量に汗をかくのですが、この2つは全く別物です。汗かきというのは激しい運動をしたり、季節的に非常に暑さを感じたりした時に体温調節としてたくさんの汗をかくのです。多汗症というのは運動もせず暑くもないのでたくさんの汗をかくという特徴があるのです。汗には体温調節作用がありますが、多汗症はこの作用とは無縁です。また全身性多汗症と局所的多汗症という2つの種類があるのも特徴です。全身に多量の汗をかく場合と、脇の下や手のひらなど身体の一部のみに多量の汗をかく場合です。多汗症の原因はよくわからないのですが、精神的なストレスが関係しているといわれています。というのも、人前に出て緊張する時や失敗をしてはいけないと不安になる場合に多量の汗をかくからです。このように緊張や不安などのストレスによって起こる精神的要因が原因の一つです。その他の原因としては、内分泌の異常や循環器や中枢神経の病気が考えられます。病気が原因の場合は全身性多汗症にかかることがわかっています。

ボトックス注射の即効性

多汗症は発汗異常の1つと考えられますが、その場合は自律神経の乱れを治す治療が行われます。主な治療法としては漢方薬があります。ただし症状によって薬の種類が違ってくるので、医師のアドバイスの元で服用する必要があります。多汗症の治療で最も人気があるのが美容整形で行われているボトックス注射です。人気の理由は即効性があるからです。治療方法としては脇の下などにボトックスを注入するだけなので、短時間で治療が終わります。そのため患者の負担が小さいのも人気の理由です。美容整形の場合はほとんどが保険適用外なのですが、多汗症に治療で脇の下の汗に関してだけは保険が適用されるのです。そのため治療費が安く済むこともボトックス注射が人気になっている理由です。その他の治療法としては汗をかく部位の交感神経を切断する方法があります。神経を切れば汗をかかなくなるので受ける人も多いのですが、傷跡が残ります。また9割以上の人に代償性発汗という副作用が起こるのです。このことを考えると傷が残らず入院する必要もないボトックス注射は、最も人気のある治療法だといえます。