多汗症は阻止できる|コンプレックスも阻止しよう

手汗の悩みを解決する

ワキを触る人

病院で治すことができます

手のひらに大量の汗をかくせいで、常に手のひらがジットリと湿っている人がたまにいます。「手に汗を握る」という言葉がありますが、普通の人でも精神的な緊張が高まると手のひらに汗をかきます。しかし、別に緊張しているわけでも何でもないのに、年がら年中手のひらが汗で湿っている人がいます。そのような症状を多汗症と呼びますが、日常生活の様々なシーンで支障が出てしまうため、悩んでしまう人が少なくありません。 たとえば、他人から握手を求められることがあったとしても、すんなりとそれに応じることができません。濡れた手で握り返して相手に不快な思いをさせてしまっては困ると考えるからなのですが、事情を知らない相手は何て失礼な奴だろうと憤慨してしまいます。また、恋人ができても気軽に手をつなぐことができないため、仲たがいしてしまう可能性が高くなります。手汗のせいでスムーズな人間関係を構築することができなくなってしまう人がとても多いのですが、多汗症は病院で治療することができます。多汗症治療を行っている診療科は、神経科や形成外科、美容外科などです。適切な治療を受けることによって、手汗の悩みから解放されることができます。

注射で治す人が増えてます

多汗症の治療方法には様々な種類のものがあります。薬を飲んだり、電気をかけたり、メスで切ったりする方法がありますが、近年高い人気を集めているのはボトックス注射を手のひらに打つ方法です。電気をかけたりメスで切ったりする治療には、大きな不安がつきまといます。もちろん、医学的な専門知識を身につけている医師が治療してくれますので、あまり神経質になる必要はありません。ですが、痛みや出血が全くないわけではありませんので、怖いと感じてしまうのはある意味で当然のことです。しかし、ボトックス注射を手のひらに打つという方法であれば、それほど身構えてしまう必要がありません。 ボトックス注射を打つと、その部位からの発汗が概ね半年程度抑制されます。半年しか汗を抑えることができないのでは意味がないと考える人もいますが、定期的に注射を打つようにすれば、発汗を長期間抑制し続けることが可能になります。また、体にほとんど負担がかからない方法であるため、ボトックス注射で多汗症を治す人が増えてきています。