多汗症は阻止できる|コンプレックスも阻止しよう

汗で悩んだ時の施術

腕を上げる女性

汗腺の特徴

多汗症は、体質やストレスやホルモンバランスなど様々な原因によって交感神経が過剰に働いてしまうために必要以上に汗が分泌してしまう症状です。汗腺はエクリン腺とアポクリン腺の2種類があり、多汗症はエクリン腺から多量な汗が分泌します。エクリン腺からの汗は、成分の99%以上が水分のため、ほぼ無臭です。一方アポクリン腺からの汗は水分以外にも脂質やたんぱく質や糖質を含むため、汗自体にも粘り気があり、常在菌が繁殖しやすくなり、分解するときに悪臭を発生します。エクリン腺は体全体に分布しているのに対して、アポクリン腺は腋の下や性器や肛門といった体の一部分にしか分布していません。特に腋の下から汗は、わきがとして悩む人が大勢います。多汗症の人でエクリン線からの汗も腋の下のように空気が籠もり湿度が高い場所では臭いの原因となってしまいます。多汗症やわきがを治療するには、アポクリン腺とエクリン腺の両方に対応しなければなりません。多汗症もわきがも日常生活に大きな影響を与えるので美容外科等で治療を受けるようにしてください。

切らない施術が人気

美容外科で多汗症やわきがを治療するときには、切らない施術が人気です。汗や臭いの程度が酷くなければ、汗腺を切除するような手術をしなくてもボトックス注射やマシンを使った施術でも大きな効果をあげることができます。どちらも傷跡はほとんど残らず、日常生活にもほとんど影響を与えることがありません。ボトックス注射は、汗腺を動かす筋肉の動きを妨げることによって汗を留めます。効果が持続する期間は約半年なので、効果が切れたら再注射を行う必要があります。他の方法に比べて手軽で費用も安価なのが人気になっています。脇の下以外にも手のひらや足の裏などいろいろな場所に使えるので多汗症の治療に役立ちます。電磁波を発生するマシンを使って脇に照射することによって汗腺を壊す治療方法があります。汗腺にしか反応して熱を発生して汗腺を破壊します。他の組織には影響を与えないため傷は全く目立ちません。汗腺が破壊されているので、効果は長期間持続します。今のところ腋の下にしか照射することができませんが、わきがに悩まされている人にとっては最適な選択肢になっています。